曲がらない、歩行も困難な膝の痛みで悩まされていた方の症例

今回はバレー後から膝の痛みで、膝を曲げられない、歩くのも膝が痛く引きずってしまっていた50歳女性の症例です。

この方は仕事もしゃがんで接客をしなくてはならず、膝を曲げることができないので、仕事にも支障が出ていました。

変形も多少ありましたが、ご本人も積極的にお伝えしたことを取り組んで、改善してくれた症例です。

 

症状

来院の2か月前にバレーの試合をし、その後徐々に膝の痛みが強くなっていき、整形外科を受診。

レントゲン上は特に異常がないとのことで、湿布と飲み薬を処方され、様子を見る。

しかし、痛みが改善されず、どんどん悪化していき、膝を全く曲げることができず、歩くのも足を引きずるような状態で当院に来院する。

 

この方の問題点

この方は初診時はとにかく膝がパンパンに腫れており、その為に膝も曲げられず、歩行も困難になっていました。

また膝は骨盤と股関節とリンクして動くのですが、このリンクした動きに問題が生じていたため、膝の摩擦が強くなり、痛めてしまったようでした。

 

初診時の対応

初診時は骨盤と股関節の歪みと動きの悪さが認められたため、運動療法と特殊な治療器具で歪みの処置と動きの改善を促しました。

膝の方は潤滑を促す処置を行いました。

また膝の腫れが強かったため、患部のアイシングを行い消炎処置を行いました。

自宅での徹底的なアイシングとともに、並行して骨盤や股関節の歪みをとり、膝とのリンクした動きが回復できるようハイハイ運動も行うようお伝えしました。

通院ペースは1週間ごとで経過を追っていくことにしました。

 

2回目の経過

1週間後に来院した際は、ご自宅でアイシングを良く行ってくれたようで、歩行時の足を引きずることは少し少なくなりました。

ただまだ腫れがあったために膝を曲げる動作には痛みがありました。

初診時と同様に骨盤と股関節、膝関節の処置を行うのとともに、大腿部の筋肉の方も特殊なローラーで線維を整えていきました。

 

3回目以降の経過

とにかく膝の腫れをひかせるために徹底的に自宅でアイシングを行ってくれたおかげで、腫れが引いてくるのとともに膝も曲がるようになり、歩行時に足を引きずることもなくなっていきました。

処置は骨盤と股関節、膝の処置を継続して行い、リンクした動きを取り戻し膝に負担がかからないよう目指していきました。

膝の具合が良くなってきたので、さらに元々あった首の痛みなどに対しても脊柱の処置や首の整復などを行い、2か月ほどでだいぶ良くなりました。

その後は1か月ごとに何回か経過観察をし、無事に改善し、卒業されました。

 

膝を痛めるのは骨盤が原因のことが多い

膝は膝だけで曲げることはできず、股関節や足関節とセットで動きます。

さらに股関節は骨盤とセットで動きます。

そのため膝を動かす時は骨盤や股関節の動きが直接的に膝の動きと関わってきます。

骨盤や股関節に歪みや動きの悪さがあると膝の摩擦が強くなったり、本来よりも捻じれて動くために、中の軟骨や周りの組織に負担が強くなってしまいます。

 

まとめ

膝は膝の処置とともに、骨盤や股関節とのリンクした動きを取り戻し、膝の負担が減るようにすることが大切になってきます。

また腫れてしまうと膝を曲げたり、歩くのも困難になってしまうので、アイシングによる消炎が有効となります。

今回の方もご自宅でのアイシングを徹底的に行ってくれたので、比較的早期に歩行が改善していってくれました。

もし同じように膝の痛みで歩くのにも支障が出ていましたら、津田沼にある整体院のシンセロ治療院までご相談ください。

インターネット割引キャンペーン

スマホの方はタップで電話が繋がります 047-409-9910