座っているのも困難な坐骨神経痛で悩んでいた方の症例

今回は座ることと歩行が困難だった50歳の女性の症例です。

症例を通して当院がどのように症状を捉え、改善までのアプローチをして改善していったのか参考にしていただければと思います。

 

症状

来院の1か月前から徐々に違和感が出始め、次第にお尻から太ももとふくらはぎにまで痺れと痛みが出てくる。

痺れと痛みのために座っていることが困難になって、歩くときも足を引きずるようになる。

整形外科で坐骨神経痛と診断され、薬を処方されるもあまり改善せずに当院に来院する。

 

この方の問題点

神経は圧迫よりも引っ張られることによって全体的に細くなり、痛みや痺れを引き起こしやすくなります。

この方は以前に尻もちを強くついてしまって骨盤の関節が歪んで動きが悪くなってしまっていました。

その結果骨盤の上に乗っている脊柱に捻じれが生じ、坐骨神経を牽引して痺れや痛みが生じてしまっていると判断しました。

 

初診時の対応

初診は骨盤の歪みと機能異常が強かったために、骨盤の関節に直接手で優しく整復をしていきました。

また骨盤の関節が機能して動くようにするために、骨盤の運動療法を行う。

また炎症症状が強いためにアイシングを行い、自宅でもしてもらうことにしました。

あとは骨盤がなるべく安定位を保てるようにするためにテーピングをする。

症状が強いためにその後1週間ごとの通院で経過を見ていくことにしました。

 

その後の経過

2回目以降も骨盤の運動療法を行い、脊柱には特殊なローラー処置を行い整えていきました。

また自宅でできる運動をお伝えして積極的に取り組んでもらいました。

1か月後には痛みが軽減して、歩くときも多少の痛みはあるものの足を引きずらなくなってきたので、歩くことを薦めました。

2か月後には多少の違和感が残るが1時間ほどは座っていられるようになりました。

また歩く際はふくらはぎのハリ感があるが問題なく歩けるので、引き続き積極的に歩いてもらうことにしました。

3か月後にはお尻の痛みが少し残り、外くるぶしにも多少の感覚の鈍さが残るものの日常生活では問題なく過ごせるようになる。

その間も骨盤の機能回復訓練、脊柱を整える処置、下肢の筋肉と血行を特殊なローラーをかけて回復できる環境を整えていく処置を続ける。

以降は2~4週の間隔で通院してもらい、メンテナンスと日々の中で痛めたところの処置をして経過観察中です。

 

まとめ

この方は骨盤の機能が著しく低下していることで、上に乗る脊柱を支えられなくなり、痺れが出てきた症例です。

腰椎も前への反りが少なくなり、少しの捻じれが生じ固まっていたため、回復までとても苦労した症例です。

ご本人も座っているのもお尻や足に痛みがあり、相当大変だったと思います。

しかし問題点を明確にして、適切な処置と本人がお伝えしたことを積極的に取り組んでくれたおかげで無事に改善していきました。

現在痺れで悩まれている方もお力になれるかもしれませんので、ご相談ください。