脊柱管狭窄症の原因は姿勢と関係がある?

腰痛や足の痺れを引き起こす疾患としてあげられる一つに脊柱管狭窄症があります。

頚椎や胸椎にも起こりますが、今回は腰部脊柱管狭窄症についてです。

脊柱管狭窄症はしっかりと知識を得て、正しく対処していけばよくなる可能性が高い腰痛です。

今回は脊柱管狭窄症の発生のメカニズムと原因の一つである姿勢との関係性についてお話したいと思います。

脊柱管狭窄症とは?

脊柱

脊柱管狭窄症とは、脊柱管(背骨の中の神経の通り道)が何らかの要因で狭くなり、脊髄や神経根が圧迫されて足の痺れや腰痛が起きます。

50代以降に多く見られ、脊柱管が狭くなる要因としては、加齢や外傷による椎骨の退行性変性や軟部組織の肥厚、黄色靭帯(脊柱管の後ろ側にある靭帯)の石灰化、すべり症などが要因とされています。

 

脊柱管狭窄症の症状は?

しびれ

長時間立ち続けたり、歩いたりした時に両足または片側の腰からお尻、もも、ふくらはぎやすねの痛みや痺れ、感覚障害や、筋力低下などが起こります。

また脊柱管狭窄症の特徴的な症状として、歩行をすると下肢に痛みが強く出てきて歩行ができなくなるが、しばらく休んだり屈んだりするとまた歩けるようになるというのを繰り返す間欠性跛行という症状が見受けられます。

 

脊柱管狭窄症を引き起こす原因は?

不良姿勢

脊柱管狭窄症を引き起こす原因はいろいろとあります。

・座り仕事が多い

・姿勢が悪い(背骨が丸くなっている)

・普段からの歩行不足

・外傷

・前傾姿勢をとることが多い

などがあげられます。

このような日常生活の要因が長い年月をかけて体に問題を作っていきます。

その中で姿勢に着目して考察していきます。

もう一度脊柱管が狭くなる要因を見てみると、椎骨の退行性変性、軟部組織の肥厚、黄色靭帯の石灰化、すべり症とどれも姿勢の悪さ(背骨が丸くなる姿勢)が大きな要因となります。

脊柱2

脊柱は本来横から見るとS字の湾曲をしています。

このS字の湾曲があることによって脊柱の安定性やいろいろな動きを円滑に達成したり、脊柱の中にある脊髄が過剰な牽引や伸長が起きないように働きます。

普段から姿勢が悪かったり前傾姿勢が多いとこの脊柱のS字の湾曲がなくなり、腰が丸くなって伸びなくなってきてしまいます。

そうすると脊柱の安定性が保てず不安定になり椎骨の退行変性が起きたり、軟部組織は繰り返しのストレスを受けるので肥厚したりします。

また黄色靭帯が石灰化するということは、カルシウムが黄色靭帯に沈着してしまうことで、腰が丸くなることで黄色靭帯に牽引が働き電位異常を起こしてカルシウムが沈着して変形していきます。

実際に脊柱管狭窄症と言われてこられた方に座ってもらうと、姿勢が悪かったり、姿勢を伸ばすようにしようとしても伸びない方や腰以外で何とか姿勢を伸ばそうとする方がほとんどです。

 

脊柱管狭窄症は体が対応している姿?

体は常にいろいろな動きや姿勢を要求されます。

その中で体の各組織(骨や筋肉、靭帯、神経系、血管等)はその都度応変して対応していきます。

簡単に言うと右手を多く使う方は右手の筋力が強くなったり、神経の反応も速くなったり、骨も強くなります。

体を常に右に傾けて作業をする方は右側に背骨が傾いていき、その中でバランスを取ろうとします。

そのように体を応変させつつ対応して何とか日常生活を過ごそうと体は変化しています。

変形性関節症や脊柱管狭窄症も本来は変形してまでも何とかバランスを保ち、日常生活に対応しようとした姿です。

ただ、なんでも過剰は過ぎず、限界を超えると破綻していきます。

 

脊柱管狭窄症を改善させるには?

体は悪いように使っていると悪いように応変していくと言いましたが、逆のことも言えます。

体を良いように使っていけば良い方に応変していきます。

脊柱管狭窄症は前傾姿勢をすると症状が軽減するので、前かがみになりなさいとよく指導されますが、確かに症状は軽減されるのですが悪循環になってしまいます。

姿勢の悪さから腰が丸くなり変形してしまっているので、腰を丸めて楽をしていると治る機会を失ってしまいます。

まずは普段の座る姿勢をなるべく意識して姿勢よく座ってください。

そうすることでまず脊柱の湾曲を保全していきます。

体操

またうつ伏せになって腕を立てて背中を反るマッケンジー体操も有効です。(無理に反りすぎず、可能な範囲から徐々に角度を増やしていき、日々の中で行っていくことが重要です)

ハイハイ

また脊柱の綺麗な湾曲を取り戻すためにはハイハイ運動なども有効となります。(必ず専門家の指導の元行ってください)

そうすることで少しずつ体が良い方向に応変し、少しずつ歩けるようになります。

そうしたら歩ける範囲で歩いていくことでさらに姿勢も伸びるようになり、距離も長く歩けるようになっていきます。

当院でも姿勢との関係性も考えつつ、特殊なローラーを脊柱などにかけて姿勢を整えたり、それぞれの人の状態や時期を見定めた運動を指導させてもらい実践していくことで、半年ほどで日常生活に支障が出ないまでになっている方も多くいます。長く患っている方などは1年ほどかかる方もいらっしゃいます。

もし、なかなか良くならずにお困りの方がいましたら当院にご相談してください。

お困りの方のお力になれたらと思います。

インターネット割引キャンペーン

スマホの方はタップで電話が繋がります 047-409-9910